いつでもどこでも気軽にお墓参りをすることの出来る立地条件でしたら、移動に苦労をするようなことはないでしょう。
このことからアクセス性をまずは重視して考え、条件や環境の確認も忘れずに行いましょう。 一般的に「お墓」と呼んでいますが、そんなお墓には大きく2種類に分けることが出来ます。
その一つは墳墓と言われるものがあり、住宅で言いますと独立型の家屋、一軒家に相当します。

 

よく墳墓という言葉を聞くかと思いますが、これはお墓で区画が分かれている場所に建っているお墓のことを言います。
それに対しまして住宅ではマンション等の集合住宅に相当しているのが納骨堂となります。

 

同じ日本国内でもお墓の形が異なっており、北海道や吸収ではお墓を利用するよりも納骨堂の利用が多くなっている特徴があります。
この納骨堂とは一つの家屋の中に多くの遺骨収容スペースが設けられたものとなります。









メール便
メール便の最新情報
URL:http://postmail.co.jp/

車検費用
URL:http://www.click-s.jp/


国内でも注目されてきている洋型のお墓ブログ:20-10-2021

読者様は
パパとキャッチボールをした経験はありますか? 

まだプレイステーションもDSも無かった時代、
お子様の遊び場と言えば公園や空き地であり、
サッカーもそれほど人気がなく、
仲間が集まれば、始まるのはいつも野球でした。

そして、
週末のパパとのキャッチボールは格別のものでした。

パパの投げる球は、
お子様のそれとは違い、ズシンとグラブに響きます。

そして、どんなに速い球を投げても、
また、ちょっとくらいヘマをしても、
難なくさばかれてしまいます。

蝉時雨の中、夏の公園で汗だくになりながら、
あるいは、秋の夕風が吹き抜ける路地で白いボールが見えなくなるまで
パパとお子様のキャッチボールは続いたものです。
 
思えば、
いつからそんな遊びをしなくなってしまったのでしょう? 

俗に言う不倫という事件を契機に、
家族の元を離れて行ったぼくのパパ…

パパの不倫によって、
他人には到底想像も出来ないような苦しみを味わった
ママと姉は、
パパのことを散々憎みましたが、
最近ようやく心穏やかに暮らせるようになったと言います。

そして、たとえ家族の元にもう戻らなくても、
別の場所で幸せに暮らして欲しいと願えるようになったと…

ママと姉が苦しみの中にあった時、
能天気に留学生活を送っていたぼくには、実体験が無いせいか、
不思議にパパに対する憎悪の念はありません。

むしろ、早く悔い改めて
かつてのパパに立ち帰って欲しいと願っています。

ぼく達親子は
二度とこの地上でキャッチボールをするということは無いでしょう。

しかし、
たとえこの地上において家族として共に集うことが出来なくとも、
せめて天国で
パパに再会できればと祈らずにはいられません。