ここでは公営のお墓についてご案内しています。
公営のお墓は自治体による管理

公営のお墓は自治体による管理


公営のお墓は自治体による管理
貴方にとって最高のお墓というのは、やはりアクセス性が良く、環境が整っている場所なのではないでしょうか?
そしてお墓によっては石材店の指定など条件がありますので、慎重に探すようにしてください。 墓地は経営形態により、大きく公営のお墓と民営のお墓の2つに分けることが出来ます。
また民営のお墓の中には、公益法人が管理をしている公園墓地と、宗教法人の寺院が管理をする寺院のお墓があります。

ただ単にお墓と言いましてもその種類はいくつかあり、大きく分けると「公営」「民営」「寺院」となります。
公営のお墓は、各都道府県や市町村などといった自治体が管理しており立お墓や市立お墓などと呼ばれることがあります。

最も人気なのは公営のお墓ですが、芝生で綺麗に整っているお墓や、外壁だけで区切られたシンプルなお墓などがあります。
民営のお墓に比べて永代使用料や管理料が安価となっているため、希望者が多くかなりの高倍率となります。




公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。



公営のお墓は自治体による管理ブログ:22-10-2021

祖母が最初に倒れたのが一昨年の暮れで、
それからふた月とたたないうちに二度目、病名は脳梗塞だった。

医者からは二度目はないといわれていたが、
それでも親と見舞いに行ったわたしに向けて、
祖母はやつれた顔で微笑んでくれた。

倒れたのはパパ方の祖母で、
つまりわたしのパパの母親になるわけだが、
当のパパは少しだけ病室に顔を出すと、
すぐにまた廊下に置いてあるソファーに戻ってしまう。

母親は少し呆れていたが、
わたしにはパパの気持ちが良くわかった。

わたしも本当は
ここには来たくなかったのだ。

祖母は大変元気な人で、
脳梗塞で倒れるまで、毎日畑仕事に精を出していた。

お正月などに顔を出しに行くと、
こっちが困ってしまうくらいの笑顔を向けてくれる。

わたしの中で、
祖母はずっとそういう人だった。

だからこそ、わたしは嫌だった。
やせ細り、言葉を詰まらせ、家族の名前も思い出せない、
そんな祖母を見るのがなんだか申し訳なかった。

それではまるで病人じゃないか。
祖母は病人であってほしくなかったのだ。

わたしは、
居心地の悪さを感じていた。

それを隠すために
わたしはずっと微笑んでいようと決めた。
祖母になにも出来ないわたしは、
それくらいしかできなかった。

祖母はそんなわたしを見ていてくれたのだろう、
帰りがけに一言だけ
「笑顔が素敵な子になったね」
そうわたしに言って笑った。

わたしはただただ申し訳なくて、
やはり微笑むことしかできなかった。

祖母が亡くなった日の24時遅く、
パパは泣いていた。
いつも寡黙で何事にも動じないかのように見えたパパが、
大声で泣いていた。

それをわたしは部屋で聞きながら
人が死ぬということの意味を知り、
そして家族というものを思った。

公営のお墓は自治体による管理

公営のお墓は自治体による管理

★メニュー

法律とお墓の関係を勉強しよう
いろいろ形が用意されているお墓
大切なお墓の手入れを定期的に行う
公営のお墓は自治体による管理
寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
国内でも注目されてきている洋型のお墓
金銭面で割安となる生前のお墓
どんなお墓を建てたいかを考えよう
高価なものでは一千万円以上もするお墓


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓探しコミュニケーション