ここではお墓の改葬についてご案内しています。
よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと

よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと


よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
インターネットでお墓について調べてみますと、非常に多くの情報サイトがヒットし、様々な知識を学ぶことができます。
中でも数多くのお墓を比較することの出来るサイトは、お墓選びでは欠かすことの出来ない情報サイトと言えるでしょう。 「故郷にお墓はあるけど戻らないし、お参りに行くのも大変なので住まいの近所に欲しい」とお墓を移したい人も多いでしょう。
このように遺骨を既存のお墓から新しいお墓へ移し、そして埋葬し直すことを改葬と呼んでいます。

もし改葬を希望されるのでしたら、各市町村の役場で、その許可を受理してもらう必要があります。
もちろんそのためには遺骨を移す新しい墓地がすでに決まっていることが条件となります。

改葬をするためには様々な要点に注意する必要があり、遺骨の収蔵量、また同様の宗派のお墓を建てることが可能なのかを確認しましょう。
既存の墓地の管理者には、改葬の旨を話し埋蔵証明書の発行を依頼してください。




よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すことブログ:03-10-2021

オーブンで焼けたパンやパイ生地の香ばしいにおい、
ストーブの上でコトコト煮える
ハヤシライスやおでんの食欲をそそるにおい…

ぼくの家には
いつも食べ物のにおいがたちこめていた記憶があります。

母は本当に料理が好きで、
戦後まもなくフランス料理の教室に通い、
覚えた料理をせっせと作ってくれたものです。

食べる事の時の
フォークやナイフの使い方といったテーブルマナーも、
家できっちり覚えさせられました。

風邪をひいた時、
みなさんはお粥など消化の良いものを食べると思いますが、
我が家では風邪にはカレーか茶碗蒸し!

茶碗蒸しはぼくの大好物なので、
風邪をひくと「小田巻き蒸し」と言って、
うどんが入った茶碗蒸しをよく作ってもらいました。

我が家のモットーは
「風邪をひいたら元気をつけること」。
時には外にテンプラセットを食べに行ったりもしましたよ!

7時ご飯も気合いが入っていて、
母はよく前の晩から大きな寸胴鍋に鶏がらスープのだしを取り、
「獅子頭」という中華の大きな肉団子と、
春雨、白菜がどっさり入ったスープ煮を作ってくれました。
それを食べて、家族の一日が始まったのです。

もともと料理の本を読むのが好きで、
母がよく読んでいた「きょうの料理」が
いつの間にか私の愛読書になっていました。

大学の進路で悩んでいた頃、
お兄さんから
「そんなに料理の本を見るのが好きなら、いっそのこと料理本の編集をやったら」
ぼくと薦められ、
自身もどうしても料理を学びたくなって、
家政学部への進学を決めたのです。

・・・と、書いてみるテスト
よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと

よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと

★メニュー

法律とお墓の関係を勉強しよう
いろいろ形が用意されているお墓
大切なお墓の手入れを定期的に行う
公営のお墓は自治体による管理
寺院のお墓は宗教法人によって管理と運営
よく聞く改葬とは新しいお墓へ移すこと
国内でも注目されてきている洋型のお墓
金銭面で割安となる生前のお墓
どんなお墓を建てたいかを考えよう
高価なものでは一千万円以上もするお墓


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お墓探しコミュニケーション